スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コンボ紹介】手札1枚からボウテンコウを立てよう!


先日、大会に出ていた時の話。
チームメイトのとある有名トーナメントプレイヤー(名前は伏せます)が、興奮した面持ちで僕を呼びました。


( ^ω^) おい、はみるとん

( ^ω^) オヴィラプターやべえぞ

( ^ω^) 1枚で

( ^ω^) ボウテンコウが

( ^ω^) 出る

( ^ω^) ボウテンコウが出るってことは

( ^ω^) 次のボウテンコウも自動的に出る

( ^ω^) ということはオヴィラプター1枚でボウテンコウが

( ^ω^) 3枚


・ボウテンコウとは
25b67387.jpg

《源竜星-ボウテンコウ/Denglong, First of the Yang Zing》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/幻竜族/攻 0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。



要約すると・・・

1.出てきたとき竜星サーチするよ
2.いなくなったとき竜星SSするよ
3.竜星落とせるよ

詰め込みすぎですね。まさしく9期の産物です。それぞれ全部うらら踏むの面白いですね


・ボウテンコウ立てるとどうなるの


ボウテンコウの効果は基本的に《竜星の九支》をサーチします。

077.jpg

《竜星の九支/Nine Pillars of Yang Zing》 カウンター罠
(1):自分フィールドに「竜星」カードが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、このカード以外の自分フィールドの「竜星」カード1枚を選んで破壊する。



ボウテンコウを破壊材料として発動することで相手の行動を1回止める事が出来ます。しかもデッキバウンスなので再利用も封じる事が出来、非常に強力な妨害といえます。
また、破壊されたボウテンコウは次の竜星を生成します。この際に、あらかじめボウテンコウの効果で《光竜星-リフン》を落としておく事で、リフンが自身効果で蘇生されます。
竜星モンスターは相手ターンにシンクロする効果を持つため、これにより「リフン+リクルしてきた竜星」という素材の組み合わせでシンクロモンスターを展開する事が出来ます。

これにより作ることの出来るモンスターは、主に

戦闘破壊耐性付き《虹光の宣告者》
card100018781_1.jpg


コントロール奪取されない《獣神ヴァルカン》
3067.jpg

ブラロ、月華などの7シンクロ
ダウンロード (6)


というようなラインナップで、この他、ボウテンコウを作る事によって後続をサーチ&盤面を維持する動きを行うか、その他の妨害モンスターで更にもう1枚分妨害を行うか、といった具合です。
( ^ω^)←この人の言っていた

( ^ω^) ボウテンコウが出るってことは

( ^ω^) 次のボウテンコウも自動的に出る

というのは、このタイミングで次のボウテンコウを出す事で、さらに次のターンリフンを落として同じ動きを繰り返せるという事ですね。
ちなみにこのボウテンコウループの途中、サーチしてくるカードを《竜星の軌跡》にする事によって、貪欲な壺のようにボウテンコウを再びデッキに戻す事が出来、ループを途切れさせずに運用することもできます。
ひとたびボウテンコウを立てられればかなりゲームを優位に進められるというわけです。
では、どのようにしてボウテンコウを出すのでしょうか


・ボウテンコウの出し方
ボウテンコウを出す、という事は、要するに「5シンクロをする」という事です。
デブリダンディ然り、ジャンクドッペル然り、シンクロは墓地からの釣り上げによって成立するコンボが多く、「1枚始動」という物があまりありません。それ故に、1枚で5シンクロを立てられるカードというのは限られてきます。
そこで、今回はそれらの「1枚始動」のカードを、以下の項目ごとに評価していきたいと思います。

【使用カード】・・・デッキに投入する必要のあるパーツ
【投入可能枚数】・・・サーチカードも含めた初動部分の投入可能枚数
【ゴミ枠数】・・・初動以外の部分の占めるカードの、最低限必要な合計枚数
【素引き不可枚数】・・・デッキの中に残っていないとコンボが成立しなくなるカードの枚数
【G回数】・・・《増殖するG》を食らった際に相手にドローさせてしまう枚数
【動き方】・・・動かし方の説明
【総合評価】・・・筆者の私見



では、早速紹介していきます。

《魂喰いオヴィラプター》
ダウンロード (2)

【使用カード】《幻創のミセラサウルス》×1、《ジュラック・アウロ》×1
【投入可能枚数】6枚(オヴィラプター×3、化石調査×3)
【ゴミ枚数】2枚
【素引き不可枚数】1枚(アウロ)
【G回数】2回
【動き方】
オヴィラプターを召喚し、ミセラサウルスを墓地へ送る。ミセラサウルスの効果によりアウロを特殊召喚し、ボウテンコウ
【総合評価】
初動6に対して必要ゴミが2と大変出張効率が良いです。ミセラを素引きしても召喚権を使わないレベル1チューナーとして運用できるのも高評価。



《マスマティシャン》
ダウンロード

【使用カード】《カーボネドン》×1、《ギャラクシーサーペント》×1
【投入可能枚数】3枚
【ゴミ枚数】2枚
【素引き不可枚数】1枚(カーボネドン)
【G回数】2回
【動き方】
マスマティシャンでカーボネドンを落とし、カーボネドンの効果によってデッキから《ギャラクシーサーペント》を特殊召喚し、ボウテンコウ
【総合評価】
マスマティシャン自体がかなり柔軟性の高いモンスターであるため、他のギミックと併用できるのがポイントが高いですね。サーペントは素引きしてしまっても良い他、カーボネドンを素引きした場合も他の方法で墓地に送る事が出来れば成立するのが特徴です。




《ドラコネット》
26826e61-s.jpg

【使用カード】《ギャラクシーサーペント》×1
【投入可能枚数】3
【ゴミ枚数】1
【素引き不可枚数】0
【G回数】2回
【動き方】
ドラコネットを召喚し、効果でギャラクシーサーペントを特殊召喚し、ボウテンコウ
【総合評価】
素引き不可枚数0、ゴミ枚数1という、ボウテンコウ界に革命的を巻き起こしたカードです。



《地獄門の契約書》
ダウンロード (4)

【使用カード】《DD魔導賢者コペルニクス》×1、《DDラミア》×1
【投入可能枚数】3
【ゴミ枚数】2
【素引き不可枚数】0
【G回数】2回
【動き方】
地獄門でコペルをサーチして召喚し、ラミアを落とし、地獄門をコストにラミアを自己蘇生しボウテンコウ
【総合評価】
素引き不可枚数が0なのが魅力。地獄門のサーチ先にはオルトロスなどの単体で機能するカードもある他、直接ラミアをサーチすれば召喚権を使わない星1チューナーとして使えるため、他のギミックと被ったときにも強いですね





《ユニゾンビ》
ダウンロード (3)

【使用カード】《ワイトプリンス》×1、《ワイト夫人》×1、《ワイト》×1、《ワイトキング》×1
【投入可能枚数】6(《不知火の隠者》)
【ゴミ枚数】4枚
【素引き不可枚数】1枚(ワイトキング)
【G回数】2回
【動き方】
ユニゾンビ効果で自身のレベルを4にしてワイトプリンスを落とし、ワイトプリンス効果でワイト夫人とワイトを落とし、ワイトプリンス効果でワイト夫人とワイトを除外してワイトキングをデッキからSSし、ボウテンコウをSS
【総合評価】
ゴミがいくらなんでも多すぎる・・・・・・
ワイトデッキでボウテンコウを出したい方向け





・まとめ

マスタールール4への移行に伴って、「EXモンスターゾーン1枠の価値」という物が重要になってきました。
1枠で大量の仕事をこなしてくれるボウテンコウはとても時代に適したモンスターだといえます。
今回ご紹介したコンボはどれも何かしらのデッキパーツと併用できる物が多いので、是非色々な活用法を試してみてください。
個人的に一番推しているのは一番最後のワイトを使ったやつです。
ワイトキングがシンクロ素材になっていく姿が愉快ですね。誰かCSで使ってあげてください。

C7iKhPOVwAAlyM5.jpg

スポンサーサイト
Category: 未分類

【マスタールール4考察】リンク召喚に使いやすいカード紹介!

こんばんは、マスタールール3ももうすぐ終わりですね。
皆さんの人生も、いずれ終わります。

さて、今回は巷で話題となっているリンク召喚について考察していきたいと思います。

・リンク召喚とは
02129010700.jpg

簡単に言うと「チューナーのいらないシンクロ召喚」です。
「素材条件」と「リンク数」を満たす素材をフィールドから墓地に送ることでエクストラデッキから特殊召喚できます。

961a1634c5ba29a4c68e8a1582ee2ee7-281x410.png

リンクモンスターは「リンクマーカー」と呼ばれる矢印を持っており、その矢印の指す方向のモンスターゾーンが新たなEXモンスターゾーンとなります。
つまり、矢印が多ければ多いほど次の展開がし易い強力なモンスターとなるわけですが、リンクの矢印の数がそのまま素材に要求するリンク数となっているため、強いリンクモンスターを出すにはたくさんの素材が必要
と言えます。
マスタールール4を勝ち抜くためには避けて通れないリンク召喚システム。今回は、そんなリンク召喚が行いやすくなるためのカードを紹介していこうと思います。


・1枚からリンク5のモンスターを出せるカード

現状リンク5のモンスターが存在しないので特に意味はないですが、リンク4+何か、リンク3+リンク2のように使い分けることもできます。

《ジェネクス・ウンディーネ》

card100004620_1.jpg

《水晶機巧-ローズニクス》を落とし、《ジェネクス・コントローラー》をサーチ、ローズニクスでトークンをSSし、トークンで《リンクスパイダー》をSS、スパイダー効果でコントローラーをSSし、コントローラーとウンディーネでインヴォーカーをSS、インヴォーカーで《十二獣ラム》をSSし、ラムにブルホーンを乗せ、《TG ワーウルフ》をサーチ、ブルホーンにライカを乗せ、ラムを蘇生、ワーウルフをSS
ミセス(リンク2)+ライカ+ラム+ワーウルフで合計リンク5までSS可能



《ヒーローアライブ》
card73715180_1.jpg

エアーマンをSSし、ヴァイオンをサーチ。ヴァイオンを召喚し、《E・HERO シャドーミスト》を落とし、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ、ヴァイオンで《融合》をサーチし、《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚。墓地からディアボリックをSSし、ディアボリックとデッドリーで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をSS、ベアト効果でダンディライオンを落とし、トークンを2体SS、ディアボリック3体目をSS、ベアト、トークン、トークン、ディアボリック、エアーマンでリンク5まで




・1枚からリンク4のモンスターを出せるカード
現状最強のリンクモンスターである《ファイアウォール・ドラゴン》を出すことが出来ます。
出張枚数が多いのでデッキを選ぶのが難点ですが・・・今後リンク4が増えた場合に重要になってきそうです。

《創造の代行者 ヴィーナス》
card1003693_1.jpg

効果により《神聖なる球体》を3体特殊召喚し、そのまま4体までSS可能

めっちゃそのまんまですね。たぶん一番枠を取らない方法です。



《レスキューラビット》
card100001814_1.jpg

ラビットの効果により、機械族レベル4バニラを2体特殊召喚し、《十二獣ブルホーン》をX召喚、《獣神機王バルバロスUr》をサーチし、適当な十二獣エクシーズを乗せた後、《十二獣ブルホーン》をX召喚し、《獣神機王バルバロスUr》をサーチ、《十二獣ライカ》をX召喚し、ブルホーンを蘇生、墓地の機械族とブルホーンを除外してバルバロスUrを特殊召喚、ライカとブルホーンで《ミセス・レディエント》をリンク召喚し、墓地のライカと機械族バニラを除外してバルバロスUrを特殊召喚、リンク2のレディエントとバルバロスUr×2でリンク4までSS可能

十二獣、機械族バニラ、バルバロスUrとかなり不純物が多いですが、ランク8を作ったりリンク3+十二獣確保というような動きになれたり、選択肢が幅広いです。
現状先行1ターン目で1枚始動でリンク4が出せる手段はかなり少ないので、リンク4特化なら採用の余地があると思います。ラビットが新規カード《緊急救急救命レスキュー》でサーチ可能になったのも大きいですね。

《V・HERO ヴァイオン》
card100044607_1.jpg

ヴァイオンを召喚し、《E・HERO シャドーミスト》を落とし、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ、ヴァイオンで《融合》をサーチし、《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚。墓地からディアボリックをSSし、ディアボリックとデッドリーで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をSS、ベアト効果でダンディライオンを落とし、トークンを2体SS、ディアボリック3体目をSS、ベアト、トークン、トークン、ディアボリックでリンク4までSS可能



・1枚からリンク3のモンスターを出せるカード

・《マスマティシャン》
《ダンディライオン》を落とし、トークン×2とマスマティシャンでリンク3までSS可能

・《レスキューラビット》(省スペース版)
地属性レベル3モンスターを2体SSし、《メリアスの木霊》で《ダンディライオン》を落とし、トークン×2とメリアスでリンク3までSS可能

・十二獣モンスター
十二獣召喚、ブルホーンSS、《TG ワーウルフ》サーチ、ライカで十二獣SS,ワーウルフSS、ワーウルフ、十二獣、ライカでリンク3までSS可能

・《魔界発現世行きデスガイド》
《魔サイの戦士》をSSし、《発条空母ゼンマイティ》で《ゼンマイマジシャン》を特殊召喚。魔サイで《トリック・デーモン》を落とし、《デーモン・イーター》をサーチ。イーターを特殊召喚し、マイティ、マジシャン、イーターでリンク3までSS可能


・召喚権を使わずにモンスターを展開できるカード
《BF-朧影のゴウフウ》
手札からSSしてトークン2体SS。リンク3までSS可能


おまけ
 ・1枚からリンク8のモンスターを出せるカード

《ヒーローアライブ》

エアーマンをSSし、ヴァイオンをサーチ。ヴァイオンを召喚し、《E・HERO シャドーミスト》を落とし、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ、ヴァイオンで《融合》をサーチし、エアーマンとヴァイオンでブルホーンをSS、TGワーウルフをサーチし、ワイルドボウを乗せ、ブルホーン2体目をSS、TGワーウルフをサーチし、ライカをSS、ブルホーンを蘇生、ライカブルホーンでミセスレディエントをSS、ディアボリックと闇獣戦士で《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚。ディアボリックをSSし、ディアボリックとデッドリーで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をSS、効果で《カーボネドン》を落とし、《ギャラクシー・サーペント》をSS、TGワーウルフとサーペントで《源竜星-ボウテンコウ》をSSし、《秘竜星-セフィラシウゴ》をサーチ、ボウテンコウ、ミセス、ディアボでファイヤーウォール、ディアボ3体目をSS、ボウテンコウでファイヤーウォールのリンク先に《秘竜星-セフィラシウゴ》をSS、シウゴとディアボリックでベアトリーチェをSS、ベアト効果でダンディライオンを落とし、トークンを2体SS、トークン、トークン、ベアトで《電影の騎士ガイアセイバー》SS、ファイヤーウォール効果で手札の竜星をSS、竜星+ガイアセイバーでファイヤーウォールの下にファイヤーウォール2体目をSS



アライブにできない事などあるのでしょうか
ループ系(オトシオヤなど)を使わずに行けるファイヤーウォール×2 もっと考えれば色々できる気もします
メインに入れるカードも竜星系とHERO以外のゴミはTGワーウルフだけなので案外現実的なんじゃないでしょうか

・まとめ
エクシーズやシンクロと違い、レベルやチューナーの有無に捉われずに「モンスターを大量展開」するだけで行えるリンク召喚は、今まで使えなかったカードの役割を再度見直す良い機会となったと思われます。
ここで紹介したのはごく一部ですが、まだまだ遊戯王の多大なカードプールの中にはルール改定で陽の目を見るカードが眠っている事でしょう。
是非、皆さんも新規カードばかりでなく過去カードにも目を向け、面白いギミックを発掘してみてください。
僕の休日と昼休みは基本的にそれで終わることが多いです。

では皆様、残り僅かな時間、十二獣に別れを告げつつ良い9期末をお過ごしください。

5cfc160d-s.jpg

Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。