スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ミニゲーム紹介】量子ドロー

 前回の「エクストラサモン」に引き続き、自作のミニゲームを紹介していきます。

 今回ご紹介するのは量子ドローというゲームです。
 Fordさん主催の秋ドラ2のサブイベントにて初お披露目となったゲームで、大変ご好評を頂きました。
 「準備不要でいつでもどこでもお手軽に出来るゲーム」というコンセプトで作ったゲームですので、面白そう!と思ったら是非仲間内でやってみてください。

 ・概要
 遊戯王には現在5455種類のモンスターが存在しています。
 その中で、 ドラゴン族モンスターだけに絞ると420種類になります。ドラゴン族モンスターの中で、更に光属性のみに絞ると114種類、光属性・ドラゴン族・チューナーに絞ると7種類、レベル1に絞ると……

 といった具合で、全モンスターカードの中から参加するプレイヤーが順番に何かしらの条件を追加していき、どんどん条件を絞っていき、 最終的に全ての条件を満たすカードが1枚のみに確定させてしまったプレイヤーが敗北する、というゲームです。
 普段は使うことのないニッチな知識をフル動員するも良し、うまく自分の詳しい分野に誘導するも良し、参加するプレイヤーによって様々な顔を見せるゲームです。

 ・準備するもの
スマホ1台(インターネットに接続出来れば何でもおk パソコンなどでも可)
ディーラー1人
参加者2~5人


 ・ゲームの流れ

 1.ジャンケンで順番を決める
 2.最初のプレイヤーが「絞り込み条件」(種族・属性などなど)を1つ指定する。
 3.ディーラーはその「絞り込み条件」を満たすカードが何種類あるか答える(「遊戯王☆カード検索 詳細カード検索」を使って調べる)


 4.次のプレイヤーが更に「絞り込み条件」を追加する。
 5.ディーラーが、最初のプレイヤーと2人目のプレイヤーの条件両方を満たすカードが何種類あるか答える。

 以下、全プレイヤーで順番に回していき、最初のプレイヤーに戻り、誰かが敗北条件を満たすまで繰り替えしていきます。



26161255815.png



 ・敗北条件
 各プレイヤーは条件を指定してディーラーに数を教えてもらった時点で

 ・該当モンスターの種類が1種類に確定
 ・該当モンスターが存在しない
 ・該当モンスターの種類が1つ前のプレイヤーの時と変わらない(追加した条件で絞り込まれなかった)

 このいずれかを満たしてしまったプレイヤーはゲームに敗北します。

 ・特殊勝利条件
 プレイヤーAの時点で「2種類」にまで絞られていた場合、減らしても減らさなくても敗北なので、次に順番が回って来るプレイヤーBは確定敗北となってしまいます。
 ですが、この際、「残った2種類のカードが何なのか」をプレイヤーBが言い当てる事が出来た場合、プレイヤーBの単独勝利となります。


 ・絞り込み条件のルール

 絞り込みは基本的に「遊戯王☆カード検索 詳細カード検索」で行うため、以下の条件の中から指定する事が出来ます。

 ・「属するカテゴリ」
 ・「カード名」……○○を含む、○○で始まる、○○で終わる 読み仮名検索も可
 ・「カードの種類」……通常モンスター、効果モンスター(効果を持つモンスターの事。シンクロや儀式なども含む)、特殊召喚モンスター、リバース、スピリット、ユニオン、トゥーン、デュアル、チューナー、儀式、融合、ペンデュラム、シンクロ、エクシーズ
 ・レベル&ランク……以上、以下、一致(レベルのみ、ランクのみ、レベルorランク)
 ・Pスケール……以上、以下、一致
 ・属性
 ・種族
 ・攻撃力……以上、以下、一致
 ・守備力……以上、以下、一致



 上記以外の条件を調べる場合、遊戯王wikiを見たりしてディーラーが個別にチェックする事になります。
 残り種類が少なくなっていたり、ディーラーが手動で調べられる範疇だと判断した場合は「収録パック」や「スーパーレアが存在する」など比較的自由に指定して構いません。

 また、各プレイヤーのそれぞれの最初の指定(1周目)の際は指定出来る絞り込み条件が制限されます。


 ・属性
 ・種族
 ・星の数(レベル・ランクの数値)……以上、以下のみ
 ・攻撃力……以上、以下のみ
 ・守備力……以上、以下のみ
 ・カードの種類……通常モンスター、効果モンスター(効果を持つモンスター)、儀式、エクシーズ、シンクロ、融合、ペンデュラム



 これは最初の一周であまりにも絞られすぎてしまって最後まで回らないという事態を回避するためのルールです。
 この辺は微調整してしまっても良いかもしれません(チューナーやリバースはアリにするなど)



  ・複数回行う場合のルール

 ・ポイント制①
 敗北条件が満たされてゲームが終了した場合……敗北したプレイヤー以外の全プレイヤーに1ポイント
 特殊勝利でゲームが終わった場合……特殊勝利したプレイヤーに1ポイント
 といった具合でポイント制にし、「最初に○ポイント溜まったプレイヤーが勝利」という風にする。
 同時に複数人勝利者が出る事がある。

  ・ポイント制②
 上記と同じ条件で、行う回数を予め決めておく。規定回数ゲームを行った後、最もポイントの高いプレイヤーが勝利。
 同時に複数人勝利者が出る事がある。

 ・勝ち残り戦
 敗北したプレイヤーから順番に脱落していき、最後の1人になるまでプレイしていく。特殊勝利条件を満たしたプレイヤーが居た場合、そのプレイヤーの勝利となる。
 確実に1人に絞る事が出来るが、負け抜けプレイヤーは待ち時間が発生してしまう。



 ・実際にプレイしてみた感想
 参加者によってゲーム展開が変わる、非常に奥深いゲームでした。
 古参プレイヤーが太古の知識をフル動員したり、古いカードをあまり知らないプレイヤーが「ペンデュラムモンスター」と絞って自分の有利なフィールドに持ち込んだり、単純な知識ゲーではなく、プレイングの幅があります。
 このゲームは1回きりだけ行うのではなく、上記のルールで複数回行う事を推奨します。
 何度も同じ面子でプレイしていくうちに、お互いの得意分野などが読めてくるため、読み合いが発生するのが面白かったです。

 ・最後に

 今回紹介した「量子ドロー」は、Fordさん主催のイベント「春フェス」「納涼祭」にて運用させて頂く予定ですので、気になった方は是非足を運んでみてください。
 また、オフ会や非公認大会などのイベントでこのゲームをプレイする場合、許可などは特にいりませんが、是非ハミルトンまで感想やルールの改善点などを伝えて頂くと嬉しいです。
 前回のエクストラサモンはプールの用意の難易度がかなり高いため、「誰でも開催出来るミニゲーム」というのをコンセプトに作らせて頂きました。
 簡単で奥が深く、口頭だけで行えるので移動中や待ち時間などにもプレイ出来るゲームとなっています。是非仲間内でプレイしてみてください。
 
 忘年会・新年会などのシーズン、ちょっとした空き時間にいつものカードゲーム仲間と「量子ドロー」で親睦を深めてみてはいかがでしょうか?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。