【マスタールール4考察】リンク召喚に使いやすいカード紹介!

こんばんは、マスタールール3ももうすぐ終わりですね。
皆さんの人生も、いずれ終わります。

さて、今回は巷で話題となっているリンク召喚について考察していきたいと思います。

・リンク召喚とは
02129010700.jpg

簡単に言うと「チューナーのいらないシンクロ召喚」です。
「素材条件」と「リンク数」を満たす素材をフィールドから墓地に送ることでエクストラデッキから特殊召喚できます。

961a1634c5ba29a4c68e8a1582ee2ee7-281x410.png

リンクモンスターは「リンクマーカー」と呼ばれる矢印を持っており、その矢印の指す方向のモンスターゾーンが新たなEXモンスターゾーンとなります。
つまり、矢印が多ければ多いほど次の展開がし易い強力なモンスターとなるわけですが、リンクの矢印の数がそのまま素材に要求するリンク数となっているため、強いリンクモンスターを出すにはたくさんの素材が必要
と言えます。
マスタールール4を勝ち抜くためには避けて通れないリンク召喚システム。今回は、そんなリンク召喚が行いやすくなるためのカードを紹介していこうと思います。


・1枚からリンク5のモンスターを出せるカード

現状リンク5のモンスターが存在しないので特に意味はないですが、リンク4+何か、リンク3+リンク2のように使い分けることもできます。

《ジェネクス・ウンディーネ》

card100004620_1.jpg

《水晶機巧-ローズニクス》を落とし、《ジェネクス・コントローラー》をサーチ、ローズニクスでトークンをSSし、トークンで《リンクスパイダー》をSS、スパイダー効果でコントローラーをSSし、コントローラーとウンディーネでインヴォーカーをSS、インヴォーカーで《十二獣ラム》をSSし、ラムにブルホーンを乗せ、《TG ワーウルフ》をサーチ、ブルホーンにライカを乗せ、ラムを蘇生、ワーウルフをSS
ミセス(リンク2)+ライカ+ラム+ワーウルフで合計リンク5までSS可能



《ヒーローアライブ》
card73715180_1.jpg

エアーマンをSSし、ヴァイオンをサーチ。ヴァイオンを召喚し、《E・HERO シャドーミスト》を落とし、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ、ヴァイオンで《融合》をサーチし、《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚。墓地からディアボリックをSSし、ディアボリックとデッドリーで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をSS、ベアト効果でダンディライオンを落とし、トークンを2体SS、ディアボリック3体目をSS、ベアト、トークン、トークン、ディアボリック、エアーマンでリンク5まで




・1枚からリンク4のモンスターを出せるカード
現状最強のリンクモンスターである《ファイアウォール・ドラゴン》を出すことが出来ます。
出張枚数が多いのでデッキを選ぶのが難点ですが・・・今後リンク4が増えた場合に重要になってきそうです。

《創造の代行者 ヴィーナス》
card1003693_1.jpg

効果により《神聖なる球体》を3体特殊召喚し、そのまま4体までSS可能

めっちゃそのまんまですね。たぶん一番枠を取らない方法です。



《レスキューラビット》
card100001814_1.jpg

ラビットの効果により、機械族レベル4バニラを2体特殊召喚し、《十二獣ブルホーン》をX召喚、《獣神機王バルバロスUr》をサーチし、適当な十二獣エクシーズを乗せた後、《十二獣ブルホーン》をX召喚し、《獣神機王バルバロスUr》をサーチ、《十二獣ライカ》をX召喚し、ブルホーンを蘇生、墓地の機械族とブルホーンを除外してバルバロスUrを特殊召喚、ライカとブルホーンで《ミセス・レディエント》をリンク召喚し、墓地のライカと機械族バニラを除外してバルバロスUrを特殊召喚、リンク2のレディエントとバルバロスUr×2でリンク4までSS可能

十二獣、機械族バニラ、バルバロスUrとかなり不純物が多いですが、ランク8を作ったりリンク3+十二獣確保というような動きになれたり、選択肢が幅広いです。
現状先行1ターン目で1枚始動でリンク4が出せる手段はかなり少ないので、リンク4特化なら採用の余地があると思います。ラビットが新規カード《緊急救急救命レスキュー》でサーチ可能になったのも大きいですね。

《V・HERO ヴァイオン》
card100044607_1.jpg

ヴァイオンを召喚し、《E・HERO シャドーミスト》を落とし、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ、ヴァイオンで《融合》をサーチし、《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚。墓地からディアボリックをSSし、ディアボリックとデッドリーで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をSS、ベアト効果でダンディライオンを落とし、トークンを2体SS、ディアボリック3体目をSS、ベアト、トークン、トークン、ディアボリックでリンク4までSS可能



・1枚からリンク3のモンスターを出せるカード

・《マスマティシャン》
《ダンディライオン》を落とし、トークン×2とマスマティシャンでリンク3までSS可能

・《レスキューラビット》(省スペース版)
地属性レベル3モンスターを2体SSし、《メリアスの木霊》で《ダンディライオン》を落とし、トークン×2とメリアスでリンク3までSS可能

・十二獣モンスター
十二獣召喚、ブルホーンSS、《TG ワーウルフ》サーチ、ライカで十二獣SS,ワーウルフSS、ワーウルフ、十二獣、ライカでリンク3までSS可能

・《魔界発現世行きデスガイド》
《魔サイの戦士》をSSし、《発条空母ゼンマイティ》で《ゼンマイマジシャン》を特殊召喚。魔サイで《トリック・デーモン》を落とし、《デーモン・イーター》をサーチ。イーターを特殊召喚し、マイティ、マジシャン、イーターでリンク3までSS可能


・召喚権を使わずにモンスターを展開できるカード
《BF-朧影のゴウフウ》
手札からSSしてトークン2体SS。リンク3までSS可能


おまけ
 ・1枚からリンク8のモンスターを出せるカード

《ヒーローアライブ》

エアーマンをSSし、ヴァイオンをサーチ。ヴァイオンを召喚し、《E・HERO シャドーミスト》を落とし、《D-HERO ディアボリックガイ》をサーチ、ヴァイオンで《融合》をサーチし、エアーマンとヴァイオンでブルホーンをSS、TGワーウルフをサーチし、ワイルドボウを乗せ、ブルホーン2体目をSS、TGワーウルフをサーチし、ライカをSS、ブルホーンを蘇生、ライカブルホーンでミセスレディエントをSS、ディアボリックと闇獣戦士で《D-HERO デッドリーガイ》を融合召喚。ディアボリックをSSし、ディアボリックとデッドリーで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》をSS、効果で《カーボネドン》を落とし、《ギャラクシー・サーペント》をSS、TGワーウルフとサーペントで《源竜星-ボウテンコウ》をSSし、《秘竜星-セフィラシウゴ》をサーチ、ボウテンコウ、ミセス、ディアボでファイヤーウォール、ディアボ3体目をSS、ボウテンコウでファイヤーウォールのリンク先に《秘竜星-セフィラシウゴ》をSS、シウゴとディアボリックでベアトリーチェをSS、ベアト効果でダンディライオンを落とし、トークンを2体SS、トークン、トークン、ベアトで《電影の騎士ガイアセイバー》SS、ファイヤーウォール効果で手札の竜星をSS、竜星+ガイアセイバーでファイヤーウォールの下にファイヤーウォール2体目をSS



アライブにできない事などあるのでしょうか
ループ系(オトシオヤなど)を使わずに行けるファイヤーウォール×2 もっと考えれば色々できる気もします
メインに入れるカードも竜星系とHERO以外のゴミはTGワーウルフだけなので案外現実的なんじゃないでしょうか

・まとめ
エクシーズやシンクロと違い、レベルやチューナーの有無に捉われずに「モンスターを大量展開」するだけで行えるリンク召喚は、今まで使えなかったカードの役割を再度見直す良い機会となったと思われます。
ここで紹介したのはごく一部ですが、まだまだ遊戯王の多大なカードプールの中にはルール改定で陽の目を見るカードが眠っている事でしょう。
是非、皆さんも新規カードばかりでなく過去カードにも目を向け、面白いギミックを発掘してみてください。
僕の休日と昼休みは基本的にそれで終わることが多いです。

では皆様、残り僅かな時間、十二獣に別れを告げつつ良い9期末をお過ごしください。

5cfc160d-s.jpg

スポンサーサイト
Category: 未分類

コメント

非常に練られていて感動しました。
既存のカードプールでも色々できますよね、私はメタボサッカーに注目しています。

2017/04/11 (Tue) 08:52 | 内藤 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する