スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキ紹介】星杯デッキの動かし方&構築

こんばんは。はみるとんです。「星杯」シリーズの効果が判明しましたね。
早速、どんな動き方をするのか見ていきましょう。


・現在判明しているカード

1.下級バニラモンスター

502afb0a71d83b253522b6bade79ffae-282x410_201704061255430de.png

レベル2、レベル3、レベル4のバニラが現在判明しています。
リンク召喚主体となるため、ステータス的にはあまり意味を持ちませんが、他の召喚方法を絡めたりバニラサポートのレベル指定があったりなどの点で用途が異なってくるため、これらの役割については後述します。

2.リンクモンスター

・リンク1

c0a2fe0f-s.jpg

《星杯竜イムドゥーク》
ドラゴン族 リンク 効果 水 LINK-1() ATK 800
トークン以外の通常モンスター×1
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「星杯」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードがこのカードのリンク先の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。


バニラ1体から出せるリンクモンスターで、召喚権の追加効果を持ちます。③のSS効果は共通効果です。
バニラ1枚から始動し、②の効果で手札の星杯を追加召喚し、その星杯とこのカードでリンク2の星杯に繋げるといった感じの展開をしていきます。
矢印が↑方向に向いているため、リンクモンスターをどんどん伸ばしていく場合はリンクスパイダーと使い分けられます。


・リンク2

3513b1d6-s.jpg

《星杯神楽イヴ》
魔法使い族 リンク 効果 水 LINK-2(← →) ATK 1800
種族と属性が異なるモンスター×2
①:リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
②:このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地に送ることができる。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。


 種族・属性それぞれが異なるモンスター2体で出す事が出来るリンク2モンスターです。
 この縛りはリンクスパイダーが「地・サイバース」、イムドゥークが「風・ドラゴン」というステータスを持っているため、星杯下級モンスターのステータスと被る部分が無い方を選択してSSした後にこれらを素材に出す事が出来ます。
 «レスキューラビット»などで同名モンスターを2体出した場合でも、一旦リンク1を経由する事で満たす事が出来ます。
 単体性能としては、自身に耐性を付与する効果とリンク先のモンスターを守る効果を持ちますが、ステータスも低く、矢印も下側に向いていないため、最初に展開する終着点にはなり得なそうです。

16b52ee8e4b822c3ddbdfdb372bec03e.png

《星杯剣士アウラム》
サイバース族 リンク 効果 炎 LINK-2(↙ ↘) ATK 2000
「星杯」モンスター×2
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
②:このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。



 リンク2のもう1つの選択肢です。こちらは星杯×2を要求してくるため、「星杯ではないバニラ2体を場に出し、片方をイムドゥークにする」というような展開では出す事が出来ません(後述)
 基本的にイムドゥークからSSした星杯+イムドゥークでリンク召喚を行います。
 星遺物モンスターが殆ど存在していない現状では①の上昇値は微々たるもので、基本的には②の展開効果を利用していきます。
 星杯モンスターをリリースする事で、墓地のモンスターを何でも蘇生する事が出来ますが、ここで狙うべきは高いリンク数値を持つモンスターでしょう。
 1体を1体に変換するだけでは何も起きませんが、通常モンスターを墓地に存在するリンク2、リンク3モンスターに変換する事でリンク数的には実質場のモンスターを増やす事ができます。


・リンク3

2ffedbc1-s.jpg

《星杯戦士ニンギルス》
戦士族 リンク 効果 地 LINK-3(← ↑ →) ATK 2500
リンクモンスター2体以上
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。


 現状の終着点です。最大3枚まで狙えるドロー効果と、スクラップドラゴンのような除去効果を持っています。
 制圧効果も無く、このカード自身は最終盤面の構成役になり得ないため、このカードで手札を回復しつつ更にリンク4に繋ぐのが基本的な戦い方になりそうです。


・その他のモンスター

«星杯の妖精リース»
天使族 効果 光 星2 ATK/100 DEF/2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。


 リンクの頭数を増やす貴重なモンスターです。
 星杯は手札からのSSに秀でているため、サーチが出来ればそのまま展開に絡める事が出来ます。
 墓地からの回収効果も優秀で、星杯以外のモンスターを星杯に変換する事が出来ます。

«星遺物-『星杯』»
機械族 効果 闇 星5 ATK/0 DEF/0
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。
②:通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


 こちらもリンクモンスターの頭数を増やす事の出来るモンスターです。
 このカードをアドバンス召喚し、リンク素材などにしてフィールドを離れる事で、デッキから《星杯の妖精リース》と«星杯の守護竜»を特殊召喚する事で、更なるリンク召喚に繋げる事が出来ます。

«星杯の守護竜»
ドラゴン族 風 星1 ATK/400 DEF/400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。


リンクモンスターやリンク先のモンスターを除去から守る手札誘発で、墓地から除外する事でリンク召喚の頭数を増やす事が出来ます。
自身をリンク素材にし、墓地からモンスターを吊り上げる事で2体分のリンク素材になる事が出来ます。

e6c5a8fc_2017040615381989b.png


《星遺物の加護》
魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
②:自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。



 闇の量産工場と違い、手札誘発となれる守護竜や星遺物を回収する事ができます。
 単純に量産工場の水増しになる他、肩代わり効果も強力なので3積みして良いでしょう。


84455e81_20170406153818196.png

 《星遺物の導き》
通常罠
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスター1体を除外し、自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。



 リターンは強力ですが、現状星遺物モンスターが1種類しか存在しないため、安定して発動する事は難しいです。
 サーチ用に1枚だけ入れておくのはアリではないでしょうか。

 ・展開パターン

 1.手札のバニラを吐いていくパターン

例:初手 星杯に選ばれし者×3 星杯に誘われし者×2
 選ばれし者をNSし、リンクスパイダーをSS、効果で手札の選ばれし者をSSし、選ばれし者を素材にイムドゥークをSS、イムドゥークの効果で選ばれし者をNSし、イムドゥークと選ばれし者でイヴをSSし、イムドゥークの効果で誘われし者をSS、リンクスパイダーと誘われし者でニンギルスをSS、チェーン1ニンギルス効果、チェーン2イヴ効果で誘われし者をSSし、ニンギルス効果で1枚ドロー、誘われし者とニンギルスでファイアウォールドラゴンをSSし、ファイアウォールの下に誘われし者を素材にイムドゥークをSS

最終盤面:ファイアウォール【EX(右)】、イムドゥーク【4】


星杯リンクモンスターの共通効果によって、手札がバニラだらけになった場合でもフィールドに展開していく事が出来ます。
闇の量産工場などがある場合、ここから更に追加展開をしていく事が出来ます。

 2.星遺物を絡めていくパターン

 例:初手 星遺物-「星杯」、星杯に選ばれし者×2
 選ばれし者をNSし、イムドゥークをSS、イムドゥーク効果で召喚権を追加して星遺物をアドバンス召喚、イムドゥーク効果で選ばれし者を手札からSSし、選ばれし者+星遺物でアウラムをSS、遺物の効果でリースと守護竜をSSし、リースの効果で星杯に誘われし者をサーチ
 リースと守護竜でイヴをSSし、守護竜効果で選ばれし者をSS、選ばれし者でイムドゥークをSS、イムドゥークとアウラムでニンギルスをSS、チェーン1ニンギルス効果、チェーン2アウラム効果で選ばれし者をSS、ニンギルスで2ドロー、ニンギルスと選ばれし者でファイアウォールドラゴンSS

 最終盤面:ファイアウォールドラゴン【4】、イヴ【5】


 星遺物からリース、守護竜につなげる事で大量の後続を確保する事が出来ます。
 最終展開で墓地にリース、遺物が落ちているため、後続確保もバッチリ。

 3.星杯以外の初動を絡めていくパターン

 例:初手 創造の代行者 ヴィーナス 星杯の精霊 リース
 ヴィーナスNS、神聖なる球体×3SS、球体でイムドゥークSS、球体とイムドゥークでアウラムSS【EX(右)】、イムドゥーク効果でリースSS、リース効果で星遺物サーチ、球体でイムドゥークSS【3】、イムドゥーク効果でヴィーナスリリースして星遺物NS、イムドゥークと星遺物でイヴSS【3】、星遺物で守護竜と選ばれし者SS、選ばれし者でイムドゥークSS【2】、守護竜とリースでイヴSS【4】、守護竜で選ばれし者SS【5】、イムドゥークとアウラム【4】でニンギルスSS【4】、効果で3枚ドロー

 最終盤面 アウラム【EX(右)】、選ばれし者【3】、ニンギルス【4】、イヴ【5】



 ここからファイアウォールをSSし、アウラムの入れ替え効果によってニンギルスを吊り上げ、高リンクにつなげていく事が出来ます。
 3枚ドローの内容によって更にブーストする事が出来るので、強力な初動となりそうです。


 ・相性の良いカード

 «創造の代行者 ヴィーナス»
card1003693_1.jpg

 球体を3体SSする事によって、イムドゥーク経由で星杯リンクを展開していく事が出来ます。
 ヴィーナスに召喚権を使ってしまった場合でも、イムドゥークで召喚権を復活したり、星杯リンクの共通効果で手札の星杯を出していけるため、あまり問題はありません。

 «闇の量産工場»
card73705554_1.jpg

 星杯は手札からのSSに秀でたカテゴリであるため、墓地からの回収がそのまま展開手段の増強に繋がります。
 
«悪魔への貢物»
008713.jpg

 相手モンスターを除去しながら展開する事が出来ます。
 本来であればバニラを大量に用意する構築は事故率が気になってしまうため、このカードを活かすデッキは構築が難しいですが、星杯であればバニラを大量に積んでも事故率を下げる事が可能なので、後手用のサイドカードとしてなど、相性が良いでしょう


 «トライワイトゾーン»
 ヴィーナスから展開出来る神聖なる球体と星杯を戴く巫女が対応しているため、ヴィーナス、予想GUYやレスキューラビット、苦渋の決断などを絡めて多様な初動から条件を満たす事が出来ます。
 発動条件は厳しいですが、成功すればかなり大きなアドバンテージを得る事が出来るため、特化する事によって強力な初動を成立させる事が出来ます。

 «予想GUY»
 イムドゥークを出す事によって、実質二重召喚のように利用する事が出来ます。
 トライワイトゾーンの条件を満たすのにもひと役買います。

«緊急テレポート»
 選ばれし者をSSする事で、予想GUYと同様の使い方をする事が出来ます。
 予想GUYと違い、展開途中でニンギルスなどで引いた場合も有効です。

 «レスキューラビット»
 1枚で2枚分のリンク素材になる事が出来る他、状況に応じて2~4のエクシーズも使う事が出来ます。
 リンクでは不十分になりがちな除去手段、墓地のバニラを吊り上げるエメラル、リンクと相性の良い十二獣モンスターに繋げる事も可能です。

 «戦線復活の代償»
 場のバニラをコストに墓地のリンク2、リンク3のモンスターを蘇生する事によって、リンク数を嵩増しする事が出来ます。
 相手の墓地のモンスターを奪う事も出来るので、後手の捲りにも使いやすそうです。


・サンプル構築
モンスター27
星杯を戴く巫女×3
星杯に選ばれし者×3
星杯に誘われし者×3
神聖なる球体×3
創造の代行者 ヴィーナス×3
レスキューラビット×2
星遺物-「星杯」×3
星杯の守護竜×3
星杯の妖精リース×3
BF-朧影のゴウフウ

魔法 13
星遺物の加護×3
闇の量産工場×3
増援
緊急テレポート
苦渋の決断×2
貪欲な壺
ハーピィの羽根帚
トライワイトゾーン

エクストラ15
星杯剣士アウラム×2
星杯戦士ニンギルス
星杯神楽イヴ×2
星杯竜イムドゥーク×3
プロキシー・ドラゴン
リンク・スパイダー
デコード・トーカー
ファイアウォール・ドラゴン×2
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
No.39 希望皇ホープ

・総評
 少ない消費で事故率も低く安定して連続リンク召喚を行う事のできるデッキですが、現在のところ最終盤面で立つリンクモンスターが弱いので、あまり盤面構築に秀でてはいません。
 今後、リンクモンスターが増えれば増える程強くなっていくデッキなのではないでしょうか。
 現在でもかなりの展開力を誇るため、リンクテーマの先駆けとして環境で活躍する可能性もあるのではないでしょうか
 今回はカード効果が判明してからあまり時間が無かったため、見落としているコンボなどもあると思われるので、随時更新していきたいと思います。
スポンサーサイト
Category: デッキ紹介

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/07/17 (Mon) 03:20 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。