スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキ紹介】拷問少女『トリックスター』デッキ



( ˘ω˘)財前葵ちゃん・・・・・・可愛い・・・・・・


( ˘ω˘)性癖に直撃してきますね・・・・・・


( ˘ω˘)拷問されたい・・・・・・


・どんなデッキ?
トリックスターはアドを稼いで展開を行っていきながらバーン効果によりライフを削っていく「ビートバーン」デッキです。
フィールド魔法によるテーマサーチが行える上、下級にサーチャーが存在するため、盆回しやテラフォーミングも含め12枚ものカテゴリサーチを積むことが出来ます。
バーンテーマにありがちな「バーンしか能がない」というようなテーマではなく、「アドを取ってコントロールデッキとして立ち回る過程でついでにバーンを行う」といったような動き方が出来、柔軟な戦い方が出来ます。

・現存するカード

ダウンロード (1)
«トリックスター・キャンディナ»

星4 光 天使族 1800/400
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に200ダメージを与える。


このデッキの核となるサーチャーです。
場に存在する限り、魔法・罠が発動する度に200バーンを与えます。
バーンの値は小さいですが、発動機会が非常に多く、後述のライトステージと非常に噛み合います。


86f63cf7e1caf50cf6cf280f149337d5-174x250.png
«トリックスター・リリーベル»

星2 光 天使族 800/2000
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードは直接攻撃できる。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。


デッキ、墓地、場、あらゆる場所からの回収に対応してSSされます。
キャンディナでサーチし、即SSする事でリンク召喚に繋げる事もできます。
また、数少ない「SS出来るレベル2モンスター」なので、ライトステージと共にランク2エクシーズデッキに入る可能性もあります。


images (1)
«トリックスター・マンジュシカ»

星3 光 天使族 1600/1200
①:手札のこのカードを相手に見せ、「トリックスター・マンジュシカ」以外の自分フィールドの「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。このカードを特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。


トリックスターをフリーチェーンで手札に戻す事が出来ます。
キャンディナのサーチ効果を繰り返し使うために手札に戻したりできます。
また、ドローやサーチが行われる度にバーンを与える効果を持ち、キャンディナ同様小さなバーンを複数回に分けて行う事が出来ます。
後述するリンカーネーションとのコンボが非常に強力です。

ダウンロード (2)
«トリックスター・ライトステージ»

①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。②:1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。③:自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に200ダメージを与える。


9期からKONAMIがハマり始めたフィールド魔法によるサーチ。盆回し、テラフォーミングなども含めて初動率がグッと上がります。
1ターンの間、魔法・罠を封印する効果を持ち、更にトリックスターのバーンを200ずつ底上げする事が出来ます。
1枚で出来る事がとても多く、このデッキのビート性能をかなり底上げしています。


images (2)
«トリックスター・リンカーネーション»

①:相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。


相手の手札を全て入れ替えるカード。
サーチして揃えた手札を妨害する等トリッキーな使い方も出来ますが、基本的にマンジュシカの「相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える」効果と組み合わせます。

・主な戦い方

トリックスターには主に3つの戦い方があります。

1.バーンダメージによる勝利
トリックスターにはバーンダメージを与えるカードが数多く存在します。

キャンディナ⇒魔法・罠を発動する度に200バーン
マンジュシカ⇒手札にカードを加える度に、枚数×200バーン
ライトステージ⇒トリックスターによるバーンに200バーンを追加

個々のバーン数値は低いですか、積み重ねる事によってライフを大きく減らす事が出来ます。
また、下級モンスターの打点がそこそこあるため、バーンダメージだけでなくビートによってライフを削る事も出来るため、バーンのみに特化したデッキに比べて多様な方法でライフを削りやすいのも特徴といえます。

2.キャンディナのアドバンテージによるビートダウン
トリックスターの中枢となるキャンディナは1800打点のサーチャー、エアーマンを彷彿とさせるパワーカードです。
このキャンディナによってサーチされるライトステージは、ナイトショットとエマージェンシーコールを両立したような性能を持っているため、「現代版HEROビート」のような動きが期待できます。
特殊召喚をあまり行わないため、«虚無空間»や«一回休み»のようなメタ永続を採用する事が出来、リソースを手札に抱えておけるため激流葬のような全体除去とも相性が良いです。

3.全ハンデスコンボ
トリックスターには、リンカーネイションを使って相手の手札を全ハンデスするコンボが存在します。

1.手札にリンカーネイションとドロール&ロックバードを用意する
2.相手がサーチやドローを行った処理後、チェーン1リンカーネイションを発動
3.チェーン2でドロール&ロックバードの効果を発動
4.相手の手札が全て除外される



相手のサーチ行為が前提となるため、バレていると行えないコンボですが、ドロールもリンカーネイションもそれぞれ単体で役割があるため、自然なデッキ構築の中で狙えるコンボとなっています。

・相性の良いカード

ダウンロード (7)
«悪夢の拷問部屋»
高価買取がついて巷で話題のカードです。
トリックスターのバーンに反応して300バーンの追加、更にライトステージのバーンでも300バーンが起動できるので、キャンディナの効果を1度起動するだけで1000バーンを与える事が出来るようになります。
トリックスターは小さなバーンを複数回に分けて行うデッキなので、その都度起動するこのカードは非常に相性が良いといえるでしょう

card73715192_1.jpg
«サモンチェーン»

キャンディナは場に複数体存在すればその数だけバーンの火力が増えていくカードですが、サーチ効果に同名ターン1の制約が無いため、召喚権を増やす事で代償ガジェットのように連続でキャンディナを並べていく事が出来ます。


card1002334_1.jpg
«オネスト»

トリックスターは全て光属性で構成されており、ビートダウンを行う上でも戦闘補助として役に立つほか、モンスターを守りながら優秀なダメージソースとして機能します。
光属性・天使族・レベル4という部分がキャンディナと共通であるため、同胞の絆などを採用する事が出来ます。

ダウンロード
«手札断殺»
ダブついたキャンディナやライトステージをドローに変換しつつ、マンジュシカでダメージを与える事が出来ます。
サモンチェーンのためのチェーン稼ぎにも役立つので小回りが効いて使いやすいです。

・展開パターン

初手:ライトステージ、マンジュシカ、サモンチェーン、悪夢の拷問部屋

ライトステージでキャンディナをサーチ、キャンディナを召喚して効果発動、チェーン2でマンジュシカ効果発動、チェーン3でサモンチェーン発動
キャンディナでマンジュシカをサーチし、キャンディナを召喚、効果でリンカーネイションをサーチ、マンジュシカ再びキャンディナを召喚してリンカーネイションをサーチ
相手ターンのドローフェイズ、通常のドローによりマンジュシカ2体で(200+200+300+300)×2=2000
リンカーネイションを2枚発動し、マンジュシカ2体で(1200+200+300+300)×4=8000



サモンチェーンを使ったワンキルコンボの1つです。
実際にここまで揃う事は稀ですが、キャンディナを大量に並べてバーンを加速したりできます。


・マンジュシカ計算式

マンジュシカによるバーンで勝利するために必要なカード枚数を算出する方法を書いておきます。
ライトステージ下でマンジュシカの枚数をA、リンカーネイションの枚数をBとした時
まず、相手のドローフェイズに400×Aのバーン
リンカーネイション発動でA×B×6×200+A×B×200のバーン
よって総合ダメージは200×A×B×7+400×A=200A(7B+2)となり、A(7B+2)>40の時ワンキルが成立します。

・マンジュシカ1枚の場合
リンカーネイション1枚⇒1800
リンカーネイション2枚⇒3200
リンカーネイション3枚⇒4600

・マンジュシカ2枚の場合
リンカーネイション1枚⇒3600
リンカーネイション2枚⇒6400
リンカーネイション3枚⇒9200

・マンジュシカ3枚の場合
リンカーネイション1枚⇒5400
リンカーネイション2枚⇒9600
リンカーネイション3枚⇒13800

・総評
バーンだけに依らず、永続によるメタ、ビートダウンやリンク召喚、エクシーズ召喚なども絡めて戦える上、初動が非常に安定している良いデッキですね。
現環境における十二獣のように、様々なデッキのモンスター部分の核として使えそうです。
今後もトリックスターカードは増える事が予想されるため、更なる強化も期待出来ますね。
というわけで異色のバーンデッキ「トリックスター」の紹介でした。

twQ78nB_.jpg

ワダツミさん(@wa_datsu_mi)にブルーエンジェルのイラストを描いていただきました!
かわいい!
ありがとうございます!
スポンサーサイト
Category: デッキ紹介

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/26 (Wed) 14:13 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/26 (Wed) 14:18 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。